下船

晴明は凪の母の亡骸はすでに持ち去られていると言った。翁丸も晴明と同じ考えではあったが万が一あるかも知れないと微かな期待と持ち去られたとしても手がかりが残されていると凪や晴明たちと別れて、新と鉄と一緒に亡骸を隠した場所へと獣道を急いだ。

続きを読んでも良い人。
[PR]
# by hanagoromonagi | 2009-06-24 09:10 | 終盤

超々久しぶりの更新。

更新は一年以上ぶりで、ストーリーにいたっては2年ぶり(^^;
次回は・・・・いつになることか?
[PR]
# by hanagoromonagi | 2009-06-17 09:57 | ご挨拶

凪の古里

 
 晴明は朝になると凪を抱いて甲板に出た。昨夜は暗くてわからなかったが、船体は厚い板で覆われ甲装され、40~50挺(櫓)が設けてあり無風でも進め、戦闘用に弓が撃てるように狭間まで設けてある船だった。
 晴明は昨夜からずっと凪を抱き続けている。凪の哀しさがストレートに感じて他の者に凪を委せることは出来なかった。
 晴明は船首の先に立ち、昨夜の出来事を思い出していた。凪の母の紫緒が消えた海上を見つめて”魂の消滅”を考えていた。霊界でも地獄でも闇でもなく”無”を意味している。それほどまで危険な存在に紫緒はなってしまうということなのか?と考えていると顎髭を凪の色白のぷよぷよとやわらかい手が掴んでいた。
「てぇて」
「起きたのか・・・」
 凪の瞳はすべてを知っていると物語っている。
 そのとき屋形から首領の頼政が息子の克純と新と一緒に出てきた。
「わしらが播磨の湊まで送ろう」
と頼政が言った
「やはり昨日の被害であの船では航行が無理ですか」
「いや、わしらは数々の修羅場をくぐってきておる。この赤子に危険が迫っておることぐらいは感でわかる。孫の綾野と乳姉妹と言うではないか、わしにとっても孫じゃ」
 凪の頭を撫でながら首領の頼政が言った。
「しかし、この船では目立ちすぎまいか」
「勘違いするな、船は昨日の船だ」

続きを読んでも良い方。
[PR]
# by hanagoromonagi | 2009-06-17 09:53 | 航海
パソコンが壊れて一ヶ月間はパソコンなしの生活を送りました。
パソコンは直さずに新しいパソコンを購入。
パソコンは突然に壊れたのでバックアップをとってなかった。
印刷したものは持っている。
なんとか壊れたパソコンを古いパソコンに繋げればなんとか画像が出てくれるけど
不安定。
どうしようかな?
[PR]
# by hanagoromonagi | 2008-03-06 15:28 | ご挨拶

久しぶりに更新だけど。

台風で昨日から雨と強風。
昨日は雨音と強風でなかなか寝付かれずに寝不足。
そのせいか頭痛で鎮痛剤を飲んでいるけど良くならない。
[PR]
# by hanagoromonagi | 2007-09-07 12:05

母の願い。

 海賊船に乗船した晴明たちは首領で強面顔の頼政とその息子で綾野の父である克純に簡単な挨拶を済ませ、いくつかあるうちのひとつの屋形で軽く食事をした。凪の食事は特別に菊に教わったと言って鉄が重湯を作ってくれた。凪はその重湯を美味しそうに食べている最中に寝てしまった。 

続きを読んでも良い方・・・・。
[PR]
# by hanagoromonagi | 2007-09-07 11:57

道幻

道幻は紫緒の骸を前に一人で酒盛りをはじめた。

「道幻殿、いるか!」

 こんな寺に暗くなってからやってくるのはそれだけ道幻の素性を知っている役人の光弘。

光弘は邪魔になった女を、道幻が作った蠱毒で殺しているだけではなく役人でありながら盗賊に近いこともしている表と裏の顔を持つ男だ。


続きを読んでも良い方・・・・・。
[PR]
# by hanagoromonagi | 2007-05-14 19:20 | 航海
どうも怠け癖があっていけない。
怠けている間はけっこうあちこちと体調が悪かった。
明日は歯医者だ(^^;
[PR]
# by hanagoromonagi | 2007-05-14 19:18 | ご挨拶

凪の父

播磨の豪族・橘家の屋敷主屋では酒盛りの最中。一同はご機嫌で飲んでいる。主人の清隆をはじめ三人の息子たちや家人、そして修験者の道幻も酒盛りをしている。みな、ご機嫌な雰囲気で飲んでいる中、ただ一人三男の惟満だけはチラチラと落ち着かない様子で庭を見ている。

庭にはいくつもの篝火が焚かれ昼間のように明るかった。惟満の視線の先は庭に置かれた荷車。何かが乗せられて筵が掛けられているが端から紫色の袿がのぞいている。

続きを読んでも良い方・・・・・。
[PR]
# by hanagoromonagi | 2006-09-13 15:40 | 航海

昔の話。

善重が晴明の邸で奉公はしていたものの今のように気さくに口などは利ける関係ではなく奉公人の一人であった頃の出来事。

 晴明と術比べで破れた道満が晴明の弟子になったのは、晴明が唐の師から伝授された『金烏玉兎集』を盗み写す為だった。その為に晴明の妻を換魂の術を用いて道満の式を憑依させて自由自在に操り『金烏玉兎集』を盗み写すことに成功し、次に晴明を亡き者にしたが晴明の師の伯道上人の知るところとなり唐より晴明の窮地を救うために飛んできた伯道上人によって晴明は助けられ黄泉返った。伯道上人に追いつめられた道満は道連れに晴明の妻を殺した。その道満も伯道上人に成敗されたという話をまだ若かった善重は家人から聞いたのだった。
 その時のお館さまの憔悴した姿は善重は二度と見たくないと思うほどだった。

 翌朝、善重と丈は感でしかないが道幻なる人物の情報を得る為に月影に跨り道幻が船から降りたという東播磨の湊に向かって旅立った。
 

[PR]
# by hanagoromonagi | 2006-08-04 10:35 | 航海